トップメッセージ

次の100年へ “ボールジョイントでは、絶対に負けない会社に”

ボールジョイントを主力製品とするソミック石川が、モノづくりのまち浜松で産声を上げ、100年余りが経ちました。自動車部品メーカーとして歩みを進められたのは、お客様や仕入先様、地域の皆様、多くの先人たち、そして今共に働く社員の努力に支えられてきたからだと、感謝しております。

ソミックグループ、およびソミック石川の理念は、「人のつながりを大切にし、力いっぱいの努力で、世の中の役に立ち、愛される会社となる」です。100年以上もの長い時間の中で、製品、技術、工法と、さまざまなものを積み上げてきましたが、ソミック石川の歴史を築いたのは、「人のつながり」です。お客様、仕入先様とのつながり、グループ会社、社員同士のつながり、そして地域とのつながり。私たちはこれからも大切にしていきます。

しかし時代は今、大きく変わろうとしています。自動車業界も、「CASE」と呼ばれる技術革新を中心に、クルマの概念が大きく変わっていきます。
そこで2021年4月、ソミックグループは事業を再編し、ソミック石川は大きく生まれ変わりました。ソミックグループのボールジョイント事業を担っていた3社を集約し、ボールジョイント事業会社ソミック石川としました。それは、ボールジョイントの競争力をあげ、ボールジョイントでは絶対に負けない会社になるためです。

「ソミック」とは、創造(SOZO)・未来(MIRAI)・挑戦(CHOSEN)の頭文字を取ってつくられた造語です。この言葉の通り、私たちは夢を創造し未来に挑戦続けます。

株式会社ソミック石川
代表取締役社長
石川雅洋