その62 「海外拠点を巡る旅~インド~」編

 先月号に続き、今月もソミックの海外拠点について話をします。第2回目は9月下旬に訪れたインド、SZCPLです。SZCPLは、ソミック石川とZF India Pvt. Ltd.との合弁会社です。
今回の訪問の目的も、社長として
 ①各拠点の状況を自分の目で見て感じること。
 ②社長さんと会い、各社の困り事や要望などを自分の耳で聴くこと。
 ③現地の仲間たちとたくさん会い、みんなを元気づけること。
 
それでは、SZCPLの様子をレポートします!
 
SZCPL Somic ZF Components Private Limited
鍛造・機械加工、組付工場
Gurgaon, Haryana、Chennai, Tamil Nadu
設立:1995年、人員:1,356名
社長:T.H. Gopalakrishanan
 
<仲間たち>
2年半ぶりのSZCPL訪問となりましたが、みんな元気でした。夕方に到着してすぐに課長さんたちとの食事会があり、食事を一緒に食べた後、みんなでカラオケにダンス、訪問記念のプレートまで頂きました。翌日会社に行くと、事務所の入り口には、ソミック歴史館と同じ、社員さんたちの笑顔「Smileボード」が飾られていて嬉しくなりました。Gopi社長の、社員さんへの思いが伝わります。
 
<工場を見て>
現場では、インドの人たちが、改善活動を中心に説明をしてくれました。現場は前よりもきれいにされており、説明してくれる人たちも元気よく話をしてくれました。現場の人の困り事をボードにまとめたTカードボードや自分たちで作ったアンドンがとても印象的でした。出張や留職を通して、以前よりもソミックとの交流が増しており、ソミックの“S”が少しずつ動いていることを実感しました。
 
 
インドは現在人口13億人、中国に次いで世界で2番目ですが、あと数年で世界一になると言われています。国も大きく都会化しており、今ではグルガオンにも日本料理屋が10軒以上もあるそうです。世界経済、また自動車市場として欠かせない国となり、ソミックにとっても大変に重要な拠点です。今後の動向をしっかり捉え、インドの仲間たちとともにより良い工場を作っていきましょう! カレー美味しかった!!!